なぜ印刷ではCMYKになったのか

人は可視光線という、人間の目で視認できる範囲で色を判断します。
光の反射で自発的に光を放たないものでも色を認識することができます。
色によって光の吸収度、反射率に違いがあり、最終的に自分の目に届く光で色の違いを認識します。
色には自然な光のように混ぜていくと白になる「色光の三原色」と、絵の具のように混ぜていくと黒になる「色料の三原色」とがあります。
テレビやパソコンのモニターのような光を発するものでは、色光の三原色であるレッド(R)グリーン(G)ブルー(B)が使われ、様々な色を再現しています。
日常的に目にするものは、色料の三原色はシアン(C)マゼンタ(M)イエロー(Y)の三色で、これらの色を合成することによって、人が光の反射によって認識できる色を再現できるといわれます。

CMYK印刷モニター

印刷に使われるインキや家庭用プリンターなどのインクジェットなどのインクにシアン・マゼンタ・イエローの三色が使われているのは、色料の三原色からきています。しかし、完全なシアン・マゼンタ・イエローの色を作り出せないこと、いくら混ぜ合わせても完全な黒にはならないという事から、ブラック(K)を追加してCMYKの4色になって印刷に使用されています。

色光の三原色では、レッドの光とグリーンの光を混ぜるとイエローの光を生み出します。
このとき光の量の加減で鮮やかになったり暗くなったりします。
テレビやパソコンではこのように、光の量の調整でさまざまな色味、鮮やかさ、明るさを持つ色を再現します。

印刷とCMYKペンキ

印刷では、インキの濃度を変えることで濃淡を表現しますが、濃淡の加減分だけのインキ量が必要となるため、このままではコストが高くなります。
印刷の業界では、「網点」と呼ばれる技術を使い、インキで塗りつぶす面積の変化で濃淡の違いを出す手法を使っています。
人間の肉眼では認識が困難な大きさでCMYKの各色が重ならないように網点を生成して色を再現しています。