メインカラーとアクセント

印刷を考えるうえで、色を使うことはよくあるとおもいます。
色を扱うことは文字や画のレイアウトなどにくわえて、デザインにおいて非常に重要なことです。

色の基本的な知識について紹介していきます。
色には「3つの属性」があります。
赤・青・黄・緑などの色味をあらわす「色相」、色の明るさをあらわす「明度」、色の鮮やかさをあらわす「彩度 」の3つの属性によって色は識別されます。

印刷カラーパソコン

色には3原色があり、自然な光やテレビ、パソコンなどの表示つかわれるR、G、Bの3原色と塗料や印刷につかわれているC、M、Yからなる3原色があります。
色相はそれぞれの条件で、3つの色をつかうことでほぼ全ての色を作ることができます。
明度は低ければ暗くなり黒にちかづき、高ければ明るく白に近い明度になります。
色相によって明度であらわす領域はことなりますが、色相を除いて白黒であらわすとその度合いがわかりやすくなります。
色には有彩色と無彩色があり、白からグレー、黒までを無彩色といい、ごくわずかでも彩度があれば有彩色となります。
デザインを考えるうえで配色を決めるには、感性が必要とされます。
しかし、理論的にバランスを決めて配色をすることで、見た目にすっきりとし情報としてうまく伝えられる色使いをすることができます。
比較的簡単な手法としては、使う色は3色をベースにし、その比率を70%、25%、5%とすることで見た目にまとまりが生まれます。
比率ごとには、ベースカラーを70%、メインとなるカラーを25%、アクセントカラーを5%とすることで メリハリがつき、情報として伝えたい内容をハッキリとさせることができます。

印刷メインカラーバランス

色選びとしては、はじめにメインカラーを決めます。
メインカラーは、色をつけたい対象のテーマとなる色をえらびます。
ベースカラーとの兼ね合いもありますが、ある程度「明度の低い色」のほうが扱いやすいでしょう。
ベースカラーは背景など広い面積を占め、白や明度の高い色が扱いやすく、メインカラーをひきたたせることができます。無彩色やメインカラーの明度を上げた色、彩度をさげた色などにするとバランスが取れます。
アクセントカラーはメインカラーとは対称になる色を選ぶことで、少ない領域でアクセントにすることができます。
3色より扱う色を増やす場合、おおまかな比率は変えず、それぞれの中で内訳を増やすように意識すれば全体のバランスを大きく崩すことはないと思います。

これらの条件をふまえて配色を考えれば、ある程度デザインの整ったものを作ることができます。
しかし一概に正しい考えとは言えないため、追求する必要があるとおもいます。