印刷は大きい文字が読みやすい

印刷物を考えるとき、その印刷物で何に注目を集めたいか、文章であればその内容に興味を引かせるといったことが求められます。
広告などでは、見た目の印象で興味を引く画像やイラストを用いたり、キャッチコピーやメインになる大きな文字で注目を集めることが、基本的なテクニックになります。
でもせっかく興味を引いたとしても、もっとも重要となる本文の情報が読み取れないと意味がありません。
最も重要な本文は文字組みなど見た目の美しさだけではなく、読みやすさというのが重要となります。
文章が読みにくいと、せっかくの情報も途中で読むことをあきらめてしまっては意味がなくなります。

印刷の文字漢字

文章の文字組みというのは、印刷物を考える上で欠かせない項目ということが言えるとおもいます。
文字を読みやすくするためにはどのようなことに気をつければ良いでしょうか。
比較的長い文章になると、文章を読んで理解することが目的となりますが、文字組みでは読み解くことを邪魔しないことが必要となってきます。
まず考えられるのは、1行あたりの文字数です。
少なすぎると、行末から次の行頭への視線移動の回数が多くなり疲労度も高くなります。
逆に多すぎると、行末から次の行頭への視線の移動距離が長くなり、次の行頭を探すという負担もあります。
ストレスなく読める行あたりの文字数は、縦組は20〜45文字、横組は15〜35文字程度が適正といわれています。

印刷の文字日本語

また文字の大きさや文字どうしの間隔、行間隔も大切です。
文字のサイズは小さすぎると文字を判読するのにストレスを感じてしまいます。
作成する印刷サイズや読み手の年齢層によって左右されるものですが、一般的には本文の文字サイズは8〜10ポイントあたりが適しているとされています。
年配や子供向けの印刷物では文字のサイズは大きくして判読性をあげるといって配慮も必要です。

文字と文字の間隔が不均一の場合、見た目に美しくても読み解くこと意識におくと、文字から文字へ視線をおくるテンポが一定でなくなるといったことから疲労感につながるといわれます。
また行間が狭い場合には、次の行へ移動するときに、行頭を探す可能性が高くなり疲労度も増します。
本文の行間は、縦組の場合は文字サイズの50%〜100%、横組の場合は50%〜75%程度が最適な範囲とされています。