紙以外にも印刷出来る孔版印刷

孔版印刷はスクリーン印刷ともよばれ、インクが通過する穴と通過しないところを作ったもの版にして印刷を行う技術です。
版につかわれるのはステンシルとシルクスクリーンです。
スクリーンは、透けて見える網目の布のことで、メッシュと呼んだりスクリーンと呼んだりします。
日本語では「紗」と呼ばれるもので、昔は絹の布がメッシュの素材としてつかわれていましたが、耐久性にかけるため合成繊維が普及してからは、ポリエステルやナイロンのものがつかわれています。

スクリーン印刷布

印刷の方法は、製版されたメッシュを印刷したい素材に密着させます。
そのうえにインクを置き、スキージーと呼ばれる道具をメッシュに強く押し当て、一定の方向に動かしてメッシュ全体に刷ります。
インクはメッシュの穴から押し出され、印刷したい素材へ移り印刷されます。
メッシュを使用する目的は、インクが通過しない部分が動かないように保持できるという利点にあります。
たとえばメッシュを使わずに、数字の「0」を印刷するための版を作る場合、インクが通らない部分を作ろうとすると分離してしまうことになります。そのため、分離した部分の位置が変わらないように他の部分と結合するために「橋」をつくることが必要になります。
しかし、そういった版では橋の部分がそのまま印刷に反映します。
メッシュを使用した場合は印刷に反映しないということがメリットになるというわけです。

スクリーン印刷金属

スクリーン印刷は紙以外の素材にも形状を問わず印刷を行う事ができます。
そのため、商業製品や生活用品など幅広い分野で利用されています。
カードやステッカー、布製品、ガラス、金属など、身近なものではTシャツやトレーナーなどの衣類にも利用されていますね。
ほかにも携帯電話やTV、パソコン、ゲーム機、プリント基板などの工業製品にも欠かせない印刷技術となっています。