豊富なフォントを使用し印刷

文章をの読みやすさを考える上で、使用する文字の書体はとても重要です。
書体のデザインは大きく分けて2種類あり、和文書体では明朝系の文字とゴシック系の文字があります。
明朝系の書体は、文字を構成する線に強弱がついています。またうろこと呼ばれるふくらみのような飾りがあるのが特徴です。
ゴシック系の書体は、文字を構成する線が均一なデザインが特徴です。
欧文書体でも同様に、明朝系に似たものをセリフ書体といい、ゴシック系に近いものはサンセリフ書体といいます。

印刷の書体ペン

使う目的としては、たとえば明朝系の書体は文字間や行間をあけて使用することで、ゆったりとした印象、リッチ・高級感といった印象を与えることができます。
ゴシック系の書体では、カッチリとしたインパクトを与える印象やポップな印象を持たせることができます。
時代が進み、印刷もコンピューターでデータを作成するようになってからは、文字もデジタルフォントが使われ始めました。
同一の書体でも、フォントの太さや大きさを自由に使い分けられるようフォントファミリーと呼ばれるものが開発され、自由度が高くなりました。
これによって同じフォントでも、文章の構成によって、大見出し、小見出し、本文など、異なる太さ、文字サイズを使用してもデザインに統一性を持たせることができます。
たとえば、大見出しには太めのフォントを使い、小見出しには中サイズ、本文には細目といった感じで使用することで、文章にも統一感を出しながらメリハリを持たせることができます。

印刷の書体駅

現在ではフォントの種類は数を挙げればきりがないくらいです。
印刷に使うフォントはデータの持ち方によっては、出力する機械で表示できないような特殊なフォントも存在しています。
その場合は文字のデータを変換する作業をすることによって、文字をカタチとして認識させることで表示しますが、データが重くなるので注意が必要です。