3Dプリンターが一家に一台の時代が来る!?

3dプリンター

最近では技術の発展で3Dの立体で印刷出来る、プリンターが人気ですね。
価格下がってきており、一般家庭でも3Dプリンターを気軽に使える時がもう目の前に来ているのではないでしょうか。
3Dスキャナーにデータを取り込むだけで何でも作れるので本当にすごいですよね。
しかし、そんな中で3Dプリンターを使い拳銃を作った人が逮捕されたりもしましたね。
殺傷能力のある武器を気軽に家庭で作る事が出来るのも怖いですね。
プラスチックの樹脂以外でも金属のものでも作れるようになってきているので何かと規制することもこれから必要になってくるのではないでしょうか。

様々なアイデアを取り入れた面白い物もこれから出てくるでしょうね。
中国では3Dプリンターで家を建ててしまったそうです。
これは中国の建設会社が開発したそうで、コンクリートをはじめ、建設素材を使ってプリントしたそうです。
しかもなんと24時間で数軒家を建ててしまうんだとか。
強度も中国国内での基準値を超えているみたいで、耐久性も問題ないそうです。
なんだか少し怖い気もしますけどね。
3Dプリンターで人が住める家を建ててしまうのも大したものですね。
3Dプリンターの用途が幅広い事がうかがえます。

3D印刷

家以外には車を3Dプリンターで作ってしまう会社もあるのだとか、こちらは実際まだ研究段階みたいなのですが 3Dプリンターでの生産を想定しているのだとか。
車まで作れたら今までの製造の概念が変わりそうですね。
車を事故した時に自分でパーツを作り、自動車の修理屋さんにパーツを持ち込んで修理してもらうとかも可能になってくるのでしょうかね。
そうしたら一家に一台3Dプリンターを置き、自分たちで必要な物を作る時代がくるのでしょうか。
プリントの速度も上がればどんどん色々なものを作ってしまいそうですね。

3Dプリンターを自宅に持っている人はまだまだ少ないでしょうが、これから増えてきそうですね。
価格も安くで購入できるようになれば、その速度も早くなりそうですね。
凄まじい速度で発展している3Dプリンターですが一家に一台の時代が来るのが楽しみですね。